プロジェクト

全般

プロフィール

SubversionにRedmineの認証を連携する » 履歴 » バージョン 2

バージョン 1 (Hidehisa Matsutani, 2015/11/27 23:41) → バージョン 2/7 (Hidehisa Matsutani, 2015/11/27 23:42)

h1. SubversionにRedmineの認証を連携する

SubversionとRedmineの認証連携ができると、Redmineのユーザ/パスワードでSubversionにコミットできます。
いろいろと試行錯誤した結果、無事連携できたので、ノウハウをまとめておきます。

h2. 前提条件

* Bitnami Redmine を利用
* サーバはCentOS
* Bitnamiのインストールフォルダは/opt/redmine-3.0.3-0

h2. mod_auth_mysqlのインストール

<pre>
# yum install mod_auth_mysql
</pre>

h2. Redmine に同梱されている Redmine.pm を Perl の実行パスへシンボリックリンク

<pre>
# mkdir -p /opt/redmine-3.0.3-0/perl/lib/site_perl/5.16.3/x86_64-linux-thread-multi/Apache/Authn
# ln -s /opt/redmine-3.0.3-0/apps/redmine/htdocs/extra/svn/Redmine.pm /opt/redmine-3.0.3-0/perl/lib/site_perl/5.16.3/x86_64-linux-thread-multi/Apache/Authn
</pre>

h2. デフォルトの権限設定を記述

<pre>
# vi /opt/redmine-3.0.3-0/repos/svnauthz
</pre>

<pre>
# common settings
[/]
admin = rw
* = rw
guest = r
</pre>

h2. httpd.confに以下を追加

<pre>
# vi /opt/redmine-3.0.3-0/apache2/conf/httpd.conf
</pre>

<pre>
Include conf/extra/httpd-svn.conf
</pre>

h2. mod_auth_mysql.so の作り直し

h3. BitNami Redmine Stack に同梱されている Apache 2.4 では API がいくつか変更されたらしいので、パッチをあてます。

https://osdn.jp/projects/sfnet_modauthmysql/
から、mod_auth_mysql-3.0.0.tar.gzをダウンロードします。

http://sourceforge.net/p/modauthmysql/patches/13/
のパッチを当てて、mod_auth_mysql.so を作り直します。
この作業では gcc がインストールされている必要があります。

<pre>
# tar xzvf mod_auth_mysql-3.0.0.tar.gz
# patch -p0 < mod_auth_mysql_3.0.0_patch_apache2.4.diff
# cd mod_auth_mysql-3.0.0/
# /opt/redmine-3.0.3-0/use_redmine
# apxs -c -L/opt/redmine-3.0.3-0/mysql/lib -I/opt/redmine-3.0.3-0/mysql/include -lmysqlclient -lm -lz mod_auth_mysql.c
# apxs -i mod_auth_mysql.la
</pre>

h3. ユーザテーブルにsaltが追加されたが、mod_auth_mysqlがRedmineのsaltの掛け方に対応していないので、パッチをあてます

(参考) http://d.hatena.ne.jp/vmi/20111102/p1
パッチは http://www.redmine.org/boards/2/topics/24386?r=25722#message-25722 からダウンロードします。

<pre>
# patch -p0 < mod_auth_mysql-3.0.0-redmine.patch
# cd mod_auth_mysql-3.0.0/
# /opt/redmine-3.0.3-0/use_redmine
# apxs -c -L/opt/redmine-3.0.3-0/mysql/lib -I/opt/redmine-3.0.3-0/mysql/include -lmysqlclient -lm -lz mod_auth_mysql.c
# apxs -i mod_auth_mysql.la
</pre>



h2. httpd-svn.confを作成 httpd-svn.confを作成します。

* Subversion に WebDAV 経由でアクセスできるようにします

* access_handler にバグがあるらしいのでコメントアウトしています。
(参考) http://sc1h5r.cswiki.jp/index.php?Subversion%E3%81%AEApache%E7%B5%8C%E7%94%B1%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A8%AD%E5%AE%9A

* http://d.hatena.ne.jp/vmi/20111102/p1
によりユーザテーブルにsaltが追加されたことの設定を追加しています。

* {DB_password}{port}は適宜インストール環境に合わせて読み替えてください。

<pre>
# vi /opt/redmine-3.0.3-0/apache2/conf/extra/httpd-svn.conf
</pre>

<pre>
LoadModule perl_module modules/mod_perl.so
PerlLoadModule Apache::Authn::Redmine

<Location /svn>
DAV svn
SVNParentPath "/var/svn"
AuthType Basic
AuthName Subversion
Require valid-user
AuthUserFile /dev/null
AuthBasicAuthoritative Off
AuthMySQLAuthoritative On
# my.cnfの設定に合わせて変更
AuthMySQLSocket /opt/redmine-3.0.3-0/mysql/tmp/mysql.sock
# Redmineのdatabase.ymlの設定に合わせて変更
AuthMySQLHost localhost
AuthMySQLUser bitnami
AuthMySQLPassword {DB_password}
AuthMySQLDB bitnami_redmine
### Redmineのテーブルとの紐付け
# Redmineのユーザテーブル
AuthMySQLNoPasswd Off
AuthMySQLUserTable users
AuthMySQLNameField login
AuthMySQLPasswordField hashed_password
AuthMySQLSaltField salt
AuthMySQLPwEncryption sha1-rm
# グループの設定。プロジェクト識別子をグループとして扱う
AuthMySQLGroupTable "users, members, projects"
AuthMySQLGroupCondition "users.id = members.user_id and projects.id = members.project_id"
AuthMySQLGroupField "projects.identifier"

AuthzSVNAccessFile /opt/redmine-3.0.3-0/repos/svnauthz
#PerlAccessHandler Apache::Authn::Redmine::access_handler
PerlAuthenHandler Apache::Authn::Redmine::authen_handler

RedmineDSN "DBI:mysql:database=bitnami_redmine;host=localhost:{port};mysql_socket=/opt/redmine-3.0.3-0/mysql/tmp/mysql.sock"
RedmineDbUser "bitnami"
RedmineDbPass "{DB_password}"
</Location>

</pre>



h2. Redmineを再起動します。

<pre>
# /opt/redmine-3.0.3-0/ctlscript.sh restart
</pre>

h2. Redmineのユーザ/パスワードでSubversionのコミットができれば成功です。