Project

General

Profile

NetBeansでプラグイン開発 » History » Revision 3

Revision 2 (Haru Iida, 03/10/2010 01:14 PM) → Revision 3/11 (Haru Iida, 03/11/2010 02:35 PM)

h1. NetBeansでプラグイン開発

{{>toc}}

Redmineのプラグイン開発をWindows PC + NetBeansIDE 6.8 + Ruby 1.8.7 + Redmine 0.9.3 + SQLite3で開発する手順です。

h1. 環境構築

h2. Rubyのインストール

NetBeans付属のJRubyを使っても良いのですが、ここでは最新のRuby 1.8.7を使うことにします。
注) Redmine 0.9.3 はRuby 1.9.xでは動きません。1.8系の最新を使ってください。

[[WindowsにRuby 1.8.7をインストールする]]

h2. SQLite3をインストールする。

"SQLite3のサイト":http://www.sqlite.org/ からsqlite3.dllをダウンロードします。
"ダウンロードページ":http://www.sqlite.org/download.html のsqlitedll-3_6_22.zipをダウンロードして開くと

* sqlite3.def
* sqlite3.dll

という2つのファイルがあるのでsqlite3.dllの方をC:\ruby\binにコピーします。
次に以下のコマンドを実行します。

<pre>
C:\>gem install sqlite3-ruby
</pre>

h1. Redmineのインストール

プラグイン開発に使用するRedmineをインストールします。"Redmineのダウンロードサイト":http://rubyforge.org/frs/?group_id=1850 からredmine-0.9.3.zipをダウンロードして展開します。ここでは例としてC:\直下に展開します。C:\redmine-0.9.3というフォルダができているはずです。

h2. SQLite3を使う設定にする。

RedmineのDBとしてSQLite3を使う設定をします。C:\redmine-0.9.3\config\database.ymlというファイルを新規に作成し、以下の内容を記述します。

<pre>
production:
adapter: sqlite3
database: db/redmine.db

development:
adapter: sqlite3
database: db/redmine_dev.db

test:
adapter: sqlite3
database: db/redmine_test.db
</pre>

次に以下のコマンドを実行します。

<pre>
C:\>cd C:\redmine-0.9.3
C:\redmine-0.9.3>rake db:migrate RAILS_ENV=development
</pre>

エラーが表示されず、C:\redmine-0.9.3\db\redmine_dev.db というファイルができていれば完了です。

h1. NetBeansIDEのインストール

"NetBeansのサイト":http://ja.netbeans.org/ からNetBeansIDEをダウンロードします。"ダウンロードページ":http://netbeans.org/downloads/index.html?pagelang=ja には使用する機能によっていくつかのダウンロードパッケージがあります。「Ruby」 もしくは「すべて」をダンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを実行するとインストールが始まります。質問に適当に答えてインストール完了です。

h1. プロジェクト作成

NetBeansIDE上にRedmineのプラグイン開発用プロジェクトを作成します。

[[NetBeansIDEにRedmineのプラグイン開発用プロジェクトを作成]]

h1. Redmine を起動する。

h2. セッションデータの作成

最初の一回だけ以下の手順でセッションデータを作成する必要があります。
プロジェクトを右クリックし現れるメニューから「Rakeタスクを実行/デバッグ」を選択すると次の画面が現れます。

!session.png!

ここでconfig/initializers/sessions_store.rbを選択して実行します。

h2. 起動する。

プロジェクトを選択し、ツールバーの再生ボタンを押します。

!execute.png!

するとRedmineが起動し、ブラウザが勝手に開いてRedmineの初期画面が表示されるはずです。

!redmine.png!

NetBeansIDE 下部の出力ウィンドウにはRedmineのコンソール出力が表示されます。

!console.png!

出力ウィンドウが無い場合にはメニューバーからウィンドウ→出力→出力と選ぶと表示されます。

h2. 停止

出力ウィンドウの左端にある停止ボタンを押すとRedmineを停止することができます。

!stop.png!

h1. プラグインを作る

では実際にNetBeansIDEからRedmineのプラグインを作ってみましょう。ここでは[[プラグイン チュートリアル]]で説明しているPollプラグインを作ってみます。
[[NetBeansIDEからプラグインを作成する]]
後日