Project

General

Profile

Issue Extensions » History » Version 17

Takashi Takebayashi, 07/15/2010 12:52 AM

1 1 Takashi Takebayashi
h1. Redmine Issue Extensions プラグイン
2
3 4 Takashi Takebayashi
{{>toc}}
4
5 1 Takashi Takebayashi
Redmineのチケットを拡張するプラグインです。
6
開発プロジェクトは{{project(Issue Extensions)}}です。
7
8 6 Takashi Takebayashi
h2. 機能
9 2 Takashi Takebayashi
10 14 Takashi Takebayashi
* ステータスが登録したステータスαのチケットに担当者を設定すると自動的に登録したステータスβに変更します。
11
** チケット一括編集で更新した場合は、この機能の対象にはなりません。
12 1 Takashi Takebayashi
* チケットをクローズする時、自動的に進捗を100%に変更します。
13 14 Takashi Takebayashi
* チケット一括編集時を除いて、チケットを更新したユーザをウォッチャーに追加します。
14
** チケット一括編集で更新した場合は、この機能の対象にはなりません。
15 15 Takashi Takebayashi
* 関連するチケットを簡単に作成することが出来ます。
16 1 Takashi Takebayashi
17
h2. ダウンロード
18
19 16 Takashi Takebayashi
最新バージョンは 0.0.4 です。
20 1 Takashi Takebayashi
21
h3. 正式公開版
22
23
http://code.google.com/p/redmineissueext/downloads/list
24
25 12 Takashi Takebayashi
h2. インストール
26 1 Takashi Takebayashi
27
# プラグインを Redmine インストールフォルダの下の vendor/plugins に展開します。
28 10 Takashi Takebayashi
# rake db:migrate_plugins RAILS_ENV=production を実行します。
29 1 Takashi Takebayashi
# Redmine を起動させます。
30 12 Takashi Takebayashi
# 「ロールと権限」で各ロールに Issue Extensions の権限設定をします。
31
# プロジェクトの設定ページで Issue Extensions モジュールをチェックします。
32
# プロジェクトの設定ページで Issue Extensions タブを開き、ステータスを選択します。
33 1 Takashi Takebayashi
34
h3. 注意
35
36
本プラグインは、Redmine 0.9.0 以降、production mode(config.cache_classes = true)でのみ動作します。
37 12 Takashi Takebayashi
38
h2. 使い方
39
40
h3. 自動アサイン機能
41
42
* プロジェクトの設定ページで Issue Extensions タブを開き、ステータスを2つ選択します。
43
* ステータスが登録したステータスαのチケットに担当者を設定すると自動的に登録したステータスβに変更します。
44
* 但し、チケット一括編集で更新した場合は、この機能の対象にはなりません。
45
46
h3. 自動クローズ機能
47
48
* ステータスがクローズのチケットの進捗が100%以外の場合、自動的に進捗を100%に変更します。
49
50
h3. 自動ウォッチャー機能
51
52
* チケットを更新すると、更新したユーザをウォッチャーに追加します。
53
* 但し、チケット一括編集で更新した場合は、この機能の対象にはなりません。
54 1 Takashi Takebayashi
55 17 Takashi Takebayashi
h3. 関連するチケット作成機能
56 13 Takashi Takebayashi
57
* チケットに表示されている「このチケットに関連するチケットを作成する。」リンクをクリックします。…*1
58
* 新しいチケット作成画面に遷移するので、そこで新しいチケットに登録する内容を入力し、「作成」をクリックします。…*2
59
* こうすることで、*1 と *2 のチケットの間に関連付けがされます。
60
61 1 Takashi Takebayashi
h2. 変更履歴
62 17 Takashi Takebayashi
63
h3. 0.0.4
64
65
* #487 (提案) 存在しないチケットのIDを指定された際のチェックロジックを追加する。
66
* #486 (機能) 「このチケットに関連するチケットを作る」みたいなリンクから飛んだ後の関連付けを行う。
67
* #478 (機能) 「このチケットに関連するチケットを作る」みたいなリンクを関数で実装したい。
68
* #472 (機能) 「このチケットに関連するチケットを作る」みたいなリンクから飛んだ後のページが欲しい。
69
* #471 (機能) 「このチケットに関連するチケットを作る」みたいなリンクが欲しい。
70
* #371 (機能) 関連するチケットの登録を簡単にしたい。
71 11 Takashi Takebayashi
72
h3. 0.0.3.1
73
74
* #480 (提案) 設定画面の内容が判りにくい
75 8 Takashi Takebayashi
76
h3. 0.0.3
77
78
* #421 (機能) ステータス遷移の前提条件追加
79
* #372 (機能) 不要な権限を削除したい
80
* #329 (機能) ステータスを選択可能にしたい。
81 5 Takashi Takebayashi
82
h3. 0.0.2
83
84
* #375 (宿題) README に実装済の機能の説明を記載する。
85
* #364 (機能) チケットにコメントを書き込んだ人を自動的にウォッチャーに入れたい。
86
* #363 (機能) チケットを終了にしたら進捗を100%にして欲しい。
87
* #335 (機能) 機能の有効化/無効化を選択したい
88 1 Takashi Takebayashi
89
h3. 0.0.1.1
90
91
* #334 (バグ) チケットの状態がフィードバックになる。
92
93
h3. 0.0.1
94
95
* 最初のリリース
96
97
h2. お問い合わせ
98
99
* Website  -> r-labs[http://www.r-labs.org/]
100
* Email    -> changesworlds@gmail.com