Project

General

Profile

Feature #474

全付箋を一括して非表示にしたり表示にしたりしたい

Added by yusuke kokubo over 9 years ago. Updated about 9 years ago.

Status:
終了(Closed)
Priority:
通常(Normal)
Assignee:
Category:
付箋
Target version:
Start date:
07/05/2010
Due date:
% Done:

100%

Estimated time:

Description

1時的に開いてる全ての付箋をまとめて閉じたいときがある。

History

#1

Updated by yusuke kokubo over 9 years ago

  • Target version changed from 69 to 0.0.2

自分が使っててけっこう困るので早めに実装します。

#2

Updated by Akiko Takano about 9 years ago

私が思いついた案です。kokuboさん、皆さんの案もいただければ幸いです。

1. 表示切替用の変数をアプリケーションで1つ保持。
2. メニューやボタンで切り替えの際は、カスタムイベントを発生させる。
3. Stickyオブジェクトを生成する際に、イベントリスナを定義し、上記のイベントをキャッチしたらvisible=true/falseの切り替えを行うイベントハンドラを実行。

Observerパターンを組まなくても、ActionScriptなら2のイベント発生時に、全部のStickyを表示切替出来てしまうかは怪しいのですが、うまくいくと面白いですね。

#3

Updated by yusuke kokubo about 9 years ago

アイデアありがとうございます!

1. 表示切替用の変数をアプリケーションで1つ保持。
2. メニューやボタンで切り替えの際は、カスタムイベントを発生させる。
3. Stickyオブジェクトを生成する際に、イベントリスナを定義し、上記のイベントをキャッチしたらvisible=true/falseの切り替えを行うイベントハンドラを実行。

この方法でできるなら嬉しいですね。

#4

Updated by yusuke kokubo about 9 years ago

  • Target version changed from 0.0.2 to 0.0.3
#5

Updated by Yasuhiro Morikawa about 9 years ago

この対応をしようかなと思って少し動きを追っていたんですが、現時点では付箋の位置情報や色情報を保持していないというので認識はあっていますかね?非表示はともかく表示の時の動きをどう想定しているのかなと思いまして。

実装に関しては、Akiko さんの言うとおり、アプリケーションレベルのモデルに格納しておいて一括で非表示するのが一番楽チンだと思います。

表示の実装をするのであれば、表示する対象が何か(一覧に表示されている付箋or起動後ユーザが一度でも表示した付箋)を検討したいところです。

#6

Updated by yusuke kokubo about 9 years ago

この対応をしようかなと思って少し動きを追っていたんですが、

おおっ。

現時点では付箋の位置情報や色情報を保持していないというので認識はあっていますかね?非表示はともかく表示の時の動きをどう想定しているのかなと思いまして。

一応、Sticky用のプロパティを保持するオブジェクトは用意してて
そちらで位置情報だとか色などを持ってます。
http://www.r-labs.org/projects/redmineair/repository/entry/trunk/com/redmineAir/model/StickyProperties.as

#7

Updated by Akiko Takano about 9 years ago

redmine.asの105のところで、システムトレイのメニューにExitを追加していますね。
これと同じように、ここに「付箋を表示/非表示」のメニューがあるのもいいかなと思います。

#Redmineの設定をこのメニューでも行えるようにしたいと思います。

#8

Updated by Yasuhiro Morikawa about 9 years ago

一応、Sticky用のプロパティを保持するオブジェクトは用意してて
そちらで位置情報だとか色などを持ってます。
http://www.r-labs.org/projects/redmineair/repository/entry/trunk/com/redmineAir/model/StickyProperties.as

了解ですー。

話はずれますが、SQLite上で永続データを持たせてるかと思ってたんですが、ファイルに書き出しているんですね。何かこの辺りって意図があります?

以下、設計方針メモ。

State使っちゃった方が楽か...

#9

Updated by yusuke kokubo about 9 years ago

基本的にairのことをわかってないので目的重視で手段はよく考えずに使ってるところがあります。
なので今のソースで直したいところがあれば積極的にリファクタリングしてください。とりあえずファイルを使ってる意図はなにもありません

#10

Updated by Akiko Takano about 9 years ago

わたしは主にデータはサーバサイドでUIをFlexというので作っていたので、ローカルPCのストレージの方法は詳しくわからないです。
ファイルにしてもSQLiteにしても、とても参考になります。

#11

Updated by yusuke kokubo about 9 years ago

  • Target version changed from 0.0.3 to 0.0.4
#12

Updated by Akiko Takano about 9 years ago

Morikawaさん、着手されていますでしょうか?
わたしもちょっと試していて。addEventListenerでお手軽にできるかな、と思ったのですが、Observerパターンのような感じで1つ1つ状態をUpdateしないとうまくいきませんでした。

一応想定の動作ができそうなので、改修前提でよければコミットします。

#13

Updated by yusuke kokubo about 9 years ago

  • Status changed from 新規(New) to 担当(Assigned)
  • Assignee set to Akiko Takano
  • Target version changed from 0.0.4 to 0.0.3

特に問題なければお願いします。

#14

Updated by Akiko Takano about 9 years ago

  • % Done changed from 0 to 80

使い始めてやはり私もこの機能が先にほしいなと感じたので、r77 で実装(というほどたいしたことしてません)をしてみました。

操作はコンテキストメニューで行い、表示切替はvisibleを調整しています。(アルファで透明化すると重くなるので)
メイン画面の上部か、ステータスバー下方あたりに切り替え用ボタンかチェックボックスがあると、すぐに切り替えできて良いかな、とも思っています。

なお、メイン画面は非表示対象にはしていません。

メニューの言語切り替えもまだ対応はしていませんが、動作などご確認いただければと思います。
(メニューの言語切り替えは、メニュー全体の表示調整という別課題としたいなと思います)

#15

Updated by yusuke kokubo about 9 years ago

とりあえず動かしてみました。

ぼくの環境では期待通りに動いてます。
これはかなり便利ですね!

#16

Updated by yusuke kokubo about 9 years ago

コードも見ました。
ObserverManagerにStickyを登録して
イベントを通知する方法も確認しました。
OKだと思います。

#できればチケットごとにコミットを分けて欲しいなーとは思いますが…^^;;

#17

Updated by Akiko Takano about 9 years ago

>#できればチケットごとにコミットを分けて欲しいなーとは思いますが…^^;;

了解しました。
そうしないと確かにチェックしにくいですものね...。

#18

Updated by Akiko Takano about 9 years ago

  • Status changed from 担当(Assigned) to 解決(Resolved)

メニューの日本語・英語切り替えは、ほかの部分も含めて別チケットで扱ったほうがいいかと思います。
一応解決のステータスにさせていただきます。

#19

Updated by yusuke kokubo about 9 years ago

  • Status changed from 解決(Resolved) to 終了(Closed)
  • % Done changed from 80 to 100

Also available in: Atom PDF